おいしい和食レストラン

おいしい和食レストランは数多くあると思いますが、わたしは特に刺身や海鮮系の食べ物が多くあるお店を選びます。
刺身の盛り合わせや季節物の魚が入った鍋が大好きで春夏秋冬問わずよく食べにいきます。
刺身や鍋をつつきながらビールやお酒を一杯ひっかけていると日本人なんだなと実感します。
先日は行きつけのレストランでアジの叩きとツブ貝の刺身を食べましたが、アジはよく脂が乗っていて、しょうがやネギとの相性が良く、ツブ貝はコリコリと歯ごたえがあり淡白でわさび醤油とマッチしてとてもおいしかったです。
寿司にしてもおいしいですが、つまみとして食すのであれば、刺身がいいですね。
知人で寿司屋で寿司職人として働いている方がいるのですが、最近のレストランは味も質もいいからお客さんを持っていかれて困ると嘆いていました。
たしかにその意見にはわたしも同感で、昔は高級な料亭でしかでないような料理でも、今はレストランでも質のいいものが置いてあるのです。
この前はふぐの刺身を食べたのですが、さすがに料亭と比較したらどうなのかと思って一口食べてみましたが、予想を裏切りかなり美味で驚きました。
カニも身がぎっしり入って食べ応えがありました。
わたしにとっての憩いの場になりつつあります。
元々和食が好きでしたが、和食レストランのランチタイムだけの、キッチンヘルパーのアルバイトをしていた時は本当に毎日お料理の勉強をしている気分でした。
隣で手伝いながら眺めているだけで参考になります。
以前は、とんかつでもキチンかつでも面倒で自宅で揚げる事はあまりありませんでしたが、今では全く気にならなくなりました。
和食レストランのランチの時間は近所の会社勤めの人がどっと押し寄せるので、サラダを前もって作っておいたり、注文があったらどんぶりによそおったりこまごまとした仕事がありました。
そのランチタイムが終わった後、従業員用にランチを軽く作ってくれるので毎日楽しみでした。
いつも、タッパーを持って行き、そこに詰めてもらい家に帰りました。
子どもが丁度学校から帰ってくる頃と重なるので良いおやつになりました。
大目にもらえる時もあり、夕飯のおかずにもなる時もあり、あり難いバイトでした。
今は引っ越してしまったので、残念ながらやっていませんが、又和食レストランでのバイトがあったらやってみたいです。
必ず食事付きなので、楽しみです。
いつの間にか子どもがかなりお料理が上手になってきました。
働いていたときのマスターも子どもの頃から作る事が好きだったようです。